オープンソース

インストール手順

Windowsへのインストール

Windowsに インストールする手順をご説明します。

ステップ1

Windows版インストールの前に下記の設定を行なっていただく必要があります。

上記2点の設定を行いました後、インストールを開始してください。

ステップ2

インストーラをダウンロードします。Windows の管理者権限でログインし、インストーラのファイルをダブルクリックします。

ステップ3

ライセンス契約書

ライセンス契約書に同意する場合は、ラジオボタン「 このライセンス契約書に同意します 」 をマウスでクリックし、ボタン「 次へ 」 をクリックします。

ステップ4

セットアップ完了

インストールが始まります。
インストール完了の画面が現れましたら、ボタン「 完了 」をクリックします。これでインストールが終了します。

(注意)Norton Internet Security などのファイアウォールソフトがインストールされていると、インストール時に通信を許可するかを尋ねられることがあります。その際は通信を許可するようお願いします。

ステップ5

Aipo Manager

インストール完了後、Aipo Managerが表示されます。
Aipo Managerのタブ [全般] にあるボタン「 開く 」をクリックすると、Webブラウザ(Internet Explorer など)が現れ、Aipoのログイン画面が表示されます。Aipo Managerの全般に書かれている 「 リンク 」 のアドレスに、他のパソコンのブラウザからアクセスすると、インストールしていないパソコンからも使うことができます。

管理者ユーザーでログイン

管理者ユーザー「 admin 」でログインする手順は下記になります。

  1. ユーザー名に「 admin 」、パスワード「 admin 」を入力します。
  2. ボタン「 ログイン 」をクリックします。

インストール完了直後はユーザー管理よりユーザー作成を行ってください。

一般ユーザーでログイン

ログインページ

ログインは次の手順になります。

  1. 先ほどユーザー管理で作成した、ログイン名を入力します。
  2. 設定したパスワードを入力し、 ボタン「 ログイン 」をクリックします。

Linuxへのインストール

Linuxにインストールする手順をご説明いたします。
また、Aipo のインストール先を「/usr/local/aipo」としてご説明いたします。

ステップ1

Aipo のインストールに必要なライブラリをインストールします。環境によっては既にインストールされている可能性もございます。

yum install gcc nmap lsof unzip readline-devel zlib-devel

ステップ2

ファイル「aipo-8.0-linux-x64.tar.gz」を解凍し、解凍されたディレクトリに移動します。

tar -xvzf aipo-8.0-linux-x64.tar.gz
cd aipo-8.0-linux-x64

ステップ3

インストール先を指定して、インストール用スクリプトを実行します。
なお、インストール先を省略した場合は「/usr/local/aipo」にインストールされます。

sh installer.sh /usr/local/aipo

起動

Aipo を起動する場合は以下の起動スクリプトを実行してください。

/usr/local/aipo/bin/startup.sh

Aipo が起動しましたら、Webブラウザからアクセスするための URL がコンソールに表示されます( 「 http://????? 」 の部分です)。

他のパソコンのWebブラウザからこの URL にアクセスすると、インストールしていないパソコンから使うことができます。

停止

Aipoを停止する場合は以下の停止スクリプトを実行してください。

/usr/local/aipo/bin/shutdown.sh

管理者ユーザーでログイン

管理者ユーザー「 admin 」でログインする手順は下記になります。

  1. ユーザー名に「 admin 」、パスワード「 admin 」を入力します。
  2. ボタン「 ログイン 」をクリックします。

インストール完了直後はユーザー管理よりユーザー作成を行ってください。

一般ユーザーでログイン

ログインページ

ログインは次の手順になります。

  1. 先ほどユーザー管理で作成した、ログイン名を入力します。
  2. 設定したパスワードを入力し、 ボタン「 ログイン 」をクリックします。